CamControls X – カメラアプリの上部に配置された各種ボタンを画面下部へ移動 [JBApp]

(2)

カメラアプリの各種メニューボタンを、画面下部へ移動してくれる『CamControls X』のご紹介。

通常カメラアプリの上部には「フラッシュ」や「Live Photos」、「タイマー」などのボタンが配置されていますが、iPhone Xシリーズでは上過ぎて扱いにくい…。
そこで『CamControls X』では、各種ボタンを画面下部に移動してくれます!
ただし、使用可能なのはスペース的に余裕のあるiPhone Xシリーズのみとなっています。ご注意ください。

スポンサーリンク

詳細情報

CamControls X

Price(価格): 無料
Section(カテゴリ): Tweaks
Author(制作者): FoxfortMobile
Repo(配布元): Packix (https://repo.packix.com/)

インストール

CydiaやSileoへ下記のリポジトリを登録し、通常通り『CamControls X』をインストールしましょう。

https://repo.packix.com/

jbapp-camcontrolsx-2

アプリ紹介

CamControls X』を使用すると、カメラアプリの各種ボタンを画面下部へ移動してくれます。
通常は画面上部に「フラッシュ / Live Photos / タイマー / フィルタ」のボタンが配置されていますが、これらを画面下部へ移動してくれます。
ホームバーエリアに移動されるため、画面下側で全ての操作が行えるように。

jbapp-camcontrolsx-3

オプションについて

画面下部のボタンが配置されている背景を透明にしたり、写真のプレビューサイズを変更するオプションが備わっていますが、これらは標準のまま…がオススメです。
特にプレビューサイズの変更は、実際に撮影される画角とプレビューに差が出てしまうので、ちょっと困るところ。

設定方法

設定アプリ内に追加される『CamControls X』項目より行います。
Enabled』: 機能を有効にする
Transparent bottom bar』: ボタンが配置されている部分の背景を透明に
Camera display mode』: カメラのプレビューサイズを変更(Defaultがオススメ)

コメント

  1. 写真も16:9の比率で撮影できるようにするTweakとかってないですか……

    • 昔あったのですが、結局16:9にトリミングを行われるだけ…なので、画質が悪くなっちゃうんですよね…。