shuffle – 設定アプリ内の項目をカテゴリ毎にフォルダ分け! [JBApp]

(4)

設定アプリのトップページ内にある各項目を、カテゴリ毎にフォルダ分けしてくれる『shuffle』のご紹介。

通常設定アプリのトップページにはズラッと各設定やアプリ項目、更には脱獄アプリの設定項目が並び、若干のカオス感。
そこで『shuffle』では、各項目をカテゴリ毎にフォルダ分けしてくれるように!
具体的にはiOS純正アプリの設定、AppStoreからインストールしたアプリの設定、脱獄アプリの設定…とそれぞれフォルダ分けされます。
また、他にもいくつか面白い機能があるので、それらについてもご紹介…!

スポンサーリンク

詳細情報

shuffle

Price(価格): 無料
Section(カテゴリ): Tweaks
Author(制作者): CreatureSurvive
Repo(配布元): CreatureSurvive’s Repo (https://creaturesurvive.github.io)

インストール

Cydiaへ下記のリポジトリを登録し、通常通り『shuffle』をインストールしましょう。

https://creaturesurvive.github.io

jbapp-shuffle-2

より詳しいインストール方法は【Cydia の 使い方! ~全部解説~ [JBApp]】をご覧ください。

アプリ紹介

shuffle』を使用すると、設定アプリ内の項目をカテゴリ毎にフォルダ分けしてくれます。
「脱獄アプリ」、「AppStoreアプリ」、「システムアプリ」とそれぞれの設定項目をフォルダ分けし、設定のトップページを整理することが可能。
また、フォルダ項目は設定トップページの最上段、もしくは最下段に配置することが出来ます。

jbapp-shuffle-3jbapp-shuffle-4

フォルダ名の変更

フォルダ名、更には内部にあるちょっとした機能の項目名については、自分で変更する事も可能。
デフォルトでは英語名となっていますが、これを日本語にすることも可能で、自分の分かりやすい名前にしちゃえば…イイ感じ。

おまけ機能

脱獄アプリフォルダ内には、以下4つのオマケ機能が搭載されています。これ、地味に便利!
また、これ以外にも3D Touchの有効化なども備わっています。

  • Preference Bundles】: 脱獄アプリ設定項目の表示・非表示(重要な物は非表示にしないように!)
  • Package Dylibs】: Substrate系脱獄アプリのオン・オフ
  • Debian Packages】: インストール済み脱獄アプリの詳細情報を表示
  • Cydia Sources】: Cydiaに登録しているリポジトリURL一覧

設定方法

設定アプリ内に追加される『shuffle』項目より行います。
Enabled』: 機能を有効にする

Move To Top』: フォルダ項目を設定アプリの最上段へ
Enable 3DTouch』: 設定アプリ内での3D Touch機能を有効に

Tweaks Title』: フォルダ「Tweaks」の名前を入力
AppStore Title』: フォルダ「AppStore」の名前を入力
System Apps Title』: フォルダ「System Apps」の名前を入力

Bundles Title』: 機能「Preference Bundles」の名前を入力
Dylibs Title』: 機能「Package Dylibs」の名前を入力
Packages Title』: 機能「Debian Packages」の名前を入力
Sources Title』: 機能「Cydia Sources」の名前を入力
Advanced Title』: 機能フォルダ「Advanced」の名前を入力

コメント

  1. 「内部にあるちょっとして機能の項目名については、」
    ×ちょっとして
    ◯ちょっとした

    • おっと!ありがとうございます…!

  2. Cloakyの「設定」の整理とはどのように共存するのでしょう?

  3. APT had planned for dpkg to do more than it reported back (3 vs 6). Affected packages
    と出るようになってから勝手にリスプリングが頻繁に起きて、その度にリスプリングの画面が出てきてまたリスプリングという感じになります。
    一回勝手に起きてそこから手動でもう一度リスプリングが頻繁に起きます。
    何が原因でしょうか。