iOS 8.0.2 SHSHの発行が終了。iOS 8.1リリースから約7日後のこと…

(2)

一週間ほど前に【iOS 8.1】がリリースされ、その後すぐにiOS 8.0~iOS 8.1向け脱獄ツール『Pangu for iOS8』もリリースされました。
そんな現状ですが、前バージョンであるiOS 8.0.2のSHSHが発行終了

最新版であるiOS 8.1で脱獄が出来るためどうでも良いように思えますが、これが脱獄を修正したiOS 8.1.1へのフラグとならなければ良いのですが・・・

スポンサーリンク

iOS 8.0.2 SHSHの発行が終了

【iOS 8.1】がリリースされたことにより、【iOS 8.0.2 SHSH】の発行が終了となりました。

SHSHの発行が終了するとどうなる?

iOS 8.0.2 へのアップグレード、ダウングレードを含む全ての復元が出来ない」状況となります。
ファームウェアを手動で選択してiOSの復元を行おうとしても、SHSHが発行されておらず認証が出来ないため『不明なエラー(3194)』が発生し、復元が失敗します。

ios50-shsh-closed-01

今回の猶予期間は…

新しいiOSバージョン(今回であればiOS 8.1)がリリースされてから、前iOSバージョン(iOS 8.0.2)のSHSHが発行終了となるまでの時間を「猶予時間」なんて呼んだりします。
今回の日数は【約7日間】となっており、比較的長めとなっています。

ただ、前回の【iOS 8.0 SHSH】約27日間でしたので、ソレと比べちゃうと短いかな?といった印象になってしまうかもしれませんね。

iOS 8.0.2 SHSHの発行終了自体はいつも通りの流れなのですが、どうしても『Pangu for iOS8』が登場しているため「脱獄が修正されたiOS 8.1.1をリリースするための準備なんじゃ…」なんて気持ちにもなってしまいます・・・
もう少し、もう少しだけ、せめて脱獄環境が安定するまで待ってください!

コメント

  1. もう終わりかぁ
    早いなe

  2. これからがどう対策をとっていくかが問題
    今回は8.1.xで対策きそうで怖いね
    今のうちに脱獄安定環境を作らないと・・・
    リンゴループとかなってしまうと悲しくなってしまう(´・ω・`)