iOS 13時代に終焉…!! iOS 13.x最終バージョンである「iOS 13.7」のSHSHが発行を終了…。

(6)

大型メジャーアップデートである「iOS 14.0」&「iPadOS 14.0」が先週リリースされましたが、本日前バージョンである「iOS 13.7」&「iPadOS 13.7」のSHSHが発行終了となっています。
これにより、iOS 13時代に終焉が打たれた形に…。

また、unc0verOdysseyで脱獄可能なのはiOS 13.5までなので、iOS 13.5以下をご使用中の方はバージョンを維持するようにしましょう。

スポンサーリンク

iOS 13時代が終焉

先程iOS 13最終バージョンとなったiOS 13.7&iPadOS 13.7のSHSHが発行終了となりました。これにより、最新バージョンである「iOS 14.0」だけがSHSH発行中の状態となっています。

また、iOS 14.0がリリースされてからiOS 13.7 SHSHの発行終了まで1週間となっていて、通常の猶予期間と変わらない感じです。
ただ、大型メジャーアップデートの場合…2週間ほど猶予がある事も多かったので、それと比べると短い期間となっています。

SHSHの発行が終了するとどうなる?

iOS 13.7へのアップグレード、ダウングレードを含む全ての復元が出来ない」という事になります。
これらのファームウェアを手動で選択してiOSの復元を行おうとしても、SHSHが発行されておらず認証が出来ないため『不明なエラー(3194)』が発生し、復元が失敗します。
そのため、今後はSHSHが発行されているiOS 14.0への復元・更新にのみ限定されることとなります。

ios50-shsh-closed-01

iOS 13.xのSEP互換性も終了…

iOS 14.0のSEPはiOS 13.xと互換性が無いため、今回のiOS 13.7 SHSH発行終了に伴い、Futurerestoreなどで保存しておいたSHSHを使用したiOS 13.xへのダウングレードや復元なども行えなくなっています。

地味ではありますが…これ、結構大きい出来事なので、注意が必要です。

脱獄への影響は?

unc0ver」や「Odyssey」で脱獄可能なのはiOS 13.5までです。
現在アップデートやiOSの復元等を行うと、脱獄不可なiOS 14.0が強制されてしまいますので、脱獄を維持したい方はアップデートなどを行わないように、現在のバージョンを維持する様にしてください。

また、A11デバイス以下の場合は【checkra1n】がありますが、iOS 14.0脱獄に対応しているデバイスはまだ一部に限られているため、注意が必要です。

コメント

  1. 再起動するとデフォルトのアプリがApple製のものに戻るような完成度のiOS14だけしか復元できないのは辛い。
    良くも悪くもiOS13は13.7になって安定していたのに…脱獄不可なバージョンなのであればもう少し猶予がほしかったorz

  2. 最近のiOSのアップデートって、errer吐きまくるからモタモタするんだよね。だから長い間放置する傾向になつてる。

  3. えっもう

  4. とあるアプリがios11サポート終了宣言しちゃったから13に上げようとしたんだが遅かったか

  5. 中古のios13買うしか、、、ない。。。

  6. iOS14.0.1が出たね