新たな脱獄用インストーラ「Installer 5」がベータテスト中!前バージョンはオープンソース化

(4)

少し前までは「Cydia」が一強状態となっていましたが、現在は「Sileo」もメインで使われるようになり、更にその間を埋めるように「Zebra」がベータテスト中です。
そんな中、1年以上の開発期間を経て、1ヶ月ほど前から「Installer 5」もベータテストを開始しています!

当初はバグも多く、ご紹介を控えていたのですが、最近のアップデートでかなりイイ感じになってきたため、少し遅れましたが…ご紹介!
また、Installer 5のベースともなる前バージョン「Installer 4」についても、少しご紹介。

スポンサーリンク

Installer 5

便宜上「Installer 5」と呼ばれることが多いですが、正式名称としては「Installer」のバージョン5.xとなります。

現在ベータテストが行われており、実際に使用することも出来る状態。
当初は個人的に…致命的だなというバグもあったのですが、精力的にアップデートが行われており、現在はだいぶ安定してきた雰囲気も。

beta-jailbreak-installer-alternative-cydia-sileo-installer-5-b8-2-opensource-4-2beta-jailbreak-installer-alternative-cydia-sileo-installer-5-b8-2-opensource-4-3

SileoとCydiaの間?

見た目的にはSileoに近いデザインとなっています。ただSileoにはないダークモードなど、色々と細かなオプションも。
使い勝手としては、Sileoで問題なければそれほど苦労なく使えるはずです。

内部の動作的にはSileoよりもCydiaに近いそうで、無理やり位置づけをすると…「SileoとCydiaの間」といった位置づけになるのかな…?

beta-jailbreak-installer-alternative-cydia-sileo-installer-5-b8-2-opensource-4-4

他インストーラーと共存可能

「Cydia」、「Sileo」、「Zebra」と既に3つのインストーラーが登場していますが、Installerは全てと共存可能です。
インストール状況などの管理が共通化されていますので、例えばCydiaとInstallerを一緒にインストールしておき、日によって使い分けたとしても大丈夫です。

ただし、登録リポジトリに関してはそれぞれ個別管理なため、共通とはなっていません。ここはちょっと注意が必要でしょうか。

インストール方法

以下リポジトリをCydiaやSileoに登録することで、「Installer」がインストール出来るようになります。
ただし、あくまでベータ版なので、不具合などが残っています。ご使用の際は十分にご注意ください*

https://apptapp.me/repo/

beta-jailbreak-installer-alternative-cydia-sileo-installer-5-b8-2-opensource-4-5

Installer 3 / 4がオープンソース化

今回のInstaller 5の前身となった「Installer 3」と「Installer 4」について、AppTappチームはオープンソースとして公開。

Installer 5自体はほぼゼロから作り直された…とのことですが、一部ベースに使っている部分もあるそうで、Installer 5のベースともなったバージョンです。

iPhoneOS 1.x向け「Installer 3」

当時はiOSではなく「iPhoneOS 1.x」と名乗っていた時代ですが、その時代に脱獄用インストーラーとして唯一無二だったのが「Installer 3」です。
上でもちょこっとご紹介した通り、実際には「Installer v1〜v3」まで存在します。

「10年以上経て、オープンソースとして公開された」という事になり、なんとも感慨深い…。

iPhoneOS 2.x向け「Installer 4」

「Installer 4」はiPhoneOS 2.x向けに2008年頃リリースされた物です。
名前の通り、Installer 3のアップデート版という位置づけでしたが、実際にはデザインも変更された部分が多く、大きな進化でもありました。

なぜInstallerは消えた…?

さて、2008年にInstaller 4、そして2019年にInstaller 5…なぜその間がすっぽり抜けているのか?という点ですが、Cydiaの登場が理由です。

Installer 4時代になると、チーム内でのトラブルや訴訟問題などが報告され、開発が停滞していました。
この時点でCydiaは存在しており、Installer 4と選択式もしくは共存式でインストール可能になっていたのですが、わざわざCydiaに乗り換える必要性があまり無かったのも事実です。

ですが、Installerが開発停滞中だった間に、Cydiaが技術的にも、完成度的にもInstallerを上回る存在に。

当時CydiaとInstallerは対応リポジトリが異なっていた事もあり、一度Cydiaに流れたユーザーをInstallerが取り戻す事はありませんでした…。
そんなこんながあって、Installerの開発は終了。

ところが昨年、AppTappチームがInstallerの開発を引き継ぎ、Installer 5として復活させる!という計画を発表。
ようやく現在のベータテストに至る…という感じでございます。

現在、Saurik氏はCydiaの開発から手を引いている状態です。これ…当時メインインストーラーであった「Installer」の座を「Cydia」が奪った状況とよく似ているなぁ…と思ったり…。
ただ、当時と違うのはCydia以外に「Sileo」、「Zebra」、「Installer」とたくさんの選択肢がある状況でしょうか。

SileoはChimera&Electraのデフォルトインストーラーとして採用されているため、一歩リードという雰囲気もありますが、unc0verなどがInstallerを採用してくる…なんてことが無いとも言えません。
今後どうなるか、ちょっと…かなり…すっごい楽しみであります…!

コメント

  1. 懐かしい!
    iPod touch OS 1.1.3の頃から使ってたな

  2. 一昔前はCydiaの代わりなんて現実味ないと思ってたけど時期が来ればこうなってくるんだねぇ

  3. Installerまだバグ多いんだよね。
    まだcydiaでいいかな。
    でもLime installerちょっと楽しみ。

  4. レポジトリを登録しようとして+を押しURLをいろいろいれても
    画面が真っ白で全く追記されない。
    環境設定?でsileoからimportってあるけどこれも動作しない。
    まだまだデバッグ必要って感じ