法改正によりアメリカでのSIMアンロック・iPadの脱獄が違法に。次回見直しは3年後

(21)

アメリカにはDMCAと呼ばれている著作権法があります。
この法律について見直しが行われ現地時間2012年10月26日に内容が公開されました。その中で「電話のSIMロック解除」と「タブレットの脱獄・root化」について、この法律の適用範囲内と改正されています。

*あくまでアメリカ国内での話であり、日本でこれがそのまま適用されるわけではないのでご注意ください。

**法については詳しくないため間違ってる部分があるかもしれません。ありましたら教えていただけますと喜びます。

スポンサーリンク

DMCA(デジタルミレニアム著作権法)って何だ!?

DMCADigital Millennium Copyright Act)と呼ばれるアメリカの法律で、日本語で言いますと「デジタルミレニアム著作権法」という名前です。
法律名にもあるとおりデジタル化されている情報についての著作権法になります。

具体的には「著作権保護技術(コピーガードなど)を回避・無効化する様な技術、手法の公表を禁止する」といった規定が含まれています。

適用除外事項

この法律はあまりに広い範囲に影響があるため、適用除外事項というものが用意されています。
適用除外事項に規定された部分では、名前の通り法律の適用が除外され、詳細が規定されている場合はそれに従うという事になっています。

3年に1回の見直し

DMCAは3年に1回、法の適用範囲の見直しが行われることになっています。
デジタルと名がついているだけに、関連する部分の進化は非常に流れが速いです。それに法律が遅れないようについて行くため、3年に1度適用範囲についての見直しが行われる事になっているそうです。

過去にはSony vs Geohot氏でも

iOSの脱獄関連でも大活躍してくれていたGeohot氏ですが、PS3のハックを行った際にSonyがGeohot氏に対して裁判を起こしました。
そのときのSonyの主張した一部がこの「DMCAに違反している」というものになります。

PS3の保護技術を回避・無効化する技術を公表したから違反しているだろ!という主張ですね。

見直しで違法に?

さて、本題です。

今回、3年に1度のデジタルミレニアム著作権法の見直しが行われました。
結果は【2012-26308.pdf】にて確認していただくことが可能です。

この見直しが行われた結果の中にiPhone・iPadなどが関連する規定が存在します。
また、Androidなどの携帯電話・タブレットも関連してきます。

  1. iPhoneなど携帯電話・スマートフォンの脱獄・root化は合法
  2. iPad・タブレットの脱獄・root化は違法
  3. キャリアの許可なしにSIMアンロックは違法

追記:@
*ここで言う「違法」とはイコール非合法な犯罪行為という訳ではなく、あくまでDMCAの適用除外事項に規定されていない(きちんと例外だと言われていない)物ということになります。

1:スマートフォンの脱獄・root化は合法

iPhoneやAndroidを含めた携帯電話・スマートフォンを脱獄(JailBreak)・root化する事は適用除外事項に規定されているため合法です。

携帯電話・スマートフォンを脱獄(JailBreak)・root化する事については、法の適用除外事項に規定されています。
これは前回2010年に見直された際から適用除外事項に規定されていましたので、そのままの扱いとなります。

2:タブレットの脱獄・root化は違法

タブレットを脱獄(JailBreak)・root化という事について法の適用範囲内であり違法である、となります。

タブレットに関しては適用除外事項に規定されていないため、DMCA適用範囲内となります。そして、ここにはiPadも含まれるだろうとされています。
「タブレット」と言うカテゴリーを正確に定義する事が出来ておらず、スマートフォンと同じように適用除外事項として扱う事は現状出来ない。と言う事のようです。

3:キャリアの許可なしにSIMアンロックは違法

携帯電話・スマートフォンのSIMアンロックをキャリア(携帯会社)の許可なしに行うのは法の適用範囲内であり違法である、と今回から認定されました。

SIMアンロックを行うにはキャリア(携帯会社)の許可が必要であり、許可なしに行ってはならないということになります。
これはキャリアが自らアンロックを提供している事が多くなってきたからとの判断のようです。
また、これが適用されるのは2013年1月以降に購入されたデバイスであるとのことです。
それ以前に購入されたものであれば、Ultrasn0w等を使うことも出来るようです。

あれ、前は合法だったよね!?

前回デジタルミレニアム著作権法の見直しが行われた2010年には適用除外事項に規定されていたので合法だったのですが、今回になって一部が見直されて適用除外事項から外れ、法が適用される様になったということになります。

また、iPadの脱獄が違法という部分ですが、タブレットというカテゴリーが正確に定義されていない事について問題視する声もあるようです。ですが最低でも次の見直しが行われるまでの今後3年間はこの規定が使用されることになります。

これはアメリカの法律であり、日本にてこれがそのまま適用されるということではありません。
あくまでアメリカ国内での法律になります。

ただ、今後の脱獄ツール リリースなどに何らかの影響が出てくる可能性もあるかもしれません。

アンロックに関してはそれを転売する様な状況もあったりしたので、見直されるのも仕方ない部分があるのかな?と思ったりもしますが、タブレットが一律だめというのはなんとも・・・

コメント

  1. DMCAが日本でも適用されませんように!

  2. なんでスマートフォンがよくてタブレットが駄目なんだ。アホらしい。

  3. 日本では今のところタブレットの脱獄、ルート化は合法なのですか⁇

  4. iPad第4世代かっちゃったぞぉぉ
    来週届くのに・・・
    脱獄出来ないならkindleのほうが・・・Orz

  5. 分かりやすい説明ありがとうございます。

  6. いきなりの質問で申し訳ないのですが、onedockのようなtweakを探しています。心当たりありませんか?具体的にはホーム画面で円形のアプリランチャーをおけるものです。

  7. ここのページをみている皆さん、
    タブレットっていうのは当然ipod touchも含まれるんですよね?
    まあここは日本なのでそこまで警戒することもないんですけど。

    • カテゴリとしてはタブレットというよりも携帯型ミュージックプレイヤーなどになるのではと思います。

  8. iPod touchはミュージックプレイヤーだと思う。
    それ以前に、サイズ的にタブレットではないと思う。

  9. なんでIPhoneとスマホが違法にしないかわからん
    まあ日本はまだ大丈夫だけど。

    • iPhoneとスマホが…?
      え?いやあの…え…?

      iPhoneってスマートフォンなんですけど。

      • どちらにしても一緒です
        とにかく大丈夫と思います

  10. つうことはultrasn0wは開発停止でcydiaからは無くなるんか。
    i0nicさんは確かドイツ在住だからその気になれば可能性あるけど本人はあんまり興味無いだろうな、、、

  11. もし日本でもアンロック違法が適用される時は、公式アンロックとバーターになると思う。

    • 日本キャリアが公式アンロックを提供するとは到底思えないね。
      一方的に違法化だろ。

  12. iPhone4S iOS6の脱獄、ダウングレードはもう諦めた方がいいんでしょうか、、、?

    • 脱獄に関しては今後の動きに期待できると思いますが、ダウングレードについては微妙かもしれません。

  13. まだ正座かー

  14. そうですか。脱獄もだけどダウングレードを確実にしたいのでね(笑)
    痺れた足で正座して気長に待ってます♪

  15. 日本でも決まってほしい

タイトルとURLをコピーしました