もうすぐ「WWDC 2017」が開幕!! 過去のWWDCで発表された主な内容まとめ!

毎年恒例Appleイベント「WWDC」の季節が今年もやってまいりました!
WWDC 2017の基調講演は日本時間2017年6月6日AM2時より開始となっており、Appleの公式ライブ映像配信もあるようです。

ということで、開催前に…こちらも毎年恒例「WWDCで何が発表されるのか?」を妄想するために、【過去のWWDCで発表された主な内容】をズラッとまとめてみました!我々は、妄想する生き物だ!!

スポンサーリンク
336

これまでの「WWDC」

2013年まではチケットも早い者勝ち…だったのですが、発売開始71秒で売り切れるというWWDC 2013年を最後に、抽選方式へと変わりました。今年も同じく、チケットは抽選で当たった人だけが買える…というシステムに。

WWDC 発表、チケット販売日
(完売までの期間)
開催日
(現地時間)
WWDC 2007 2007年3月19日 2007年6月11~15日
WWDC 2008 2008年03月14日
(2ヶ月)
2008年6月9〜13日
WWDC 2009 2009年3月26日
(4週間)
2009年6月8~12日
WWDC 2010 2010年4月28日
(8日間)
2010年6月7~11日
WWDC 2011 2011年3月28日
(10時間)
2011年6月6~10日
WWDC 2012 2012年4月25日
(2時間)
2012年6月11~15日
WWDC 2013 2013年4月24日
(71秒)
2013年6月10~14日
WWDC 2014 2014年4月3日
(抽選)
2014年6月2~6日
WWDC 2015 2015年4月14日
(抽選)
2015年6月8~12日
WWDC 2016 2016年4月19日
(抽選)
2016年6月13~17日
WWDC 2017 2017年3月28日
(抽選)
2017年6月5~9日

WWDC 2007

wwdc-07-14-history-2015-02

  • Mac OS X Leopard(10.5)を発表
  • Windows版 Safari
    Apple製ブラウザであるSafariのWindows版が初めて登場
  • iPhoneのWebアプリ対応
    数ヶ月前に発表されていたiPhoneへ、サードパーティが参入出来るアプリとして、AJAXなどWeb 2.0技術を使用したWebアプリの対応を発表。ただし、ネイティブアプリへの参入は不可。

WWDC 2008

wwdc-07-14-history-2015-03

  • Mac OS X Snow Leopard(10.6)を発表
  • iPhone OS 2.0を発表
    AppStoreが使えるようになった初めてのOS。
  • iPhone 3Gを発表
    新型iPhoneを発表。3G対応となり、日本でもソフトバンクから販売が決定。この約1ヶ月後、2008年7月11日に日本を含む22地域で販売が開始されます。
  • App Storeを発表
    Apple以外の企業や個人がアプリを開発・販売出来る様になり、消費者は初めてApple以外が作成したアプリを使用出来る様になる。約1ヶ月後、iPhone 3Gの発売と共に2008年7月10日よりサービスが開始される。
  • MobileMeを発表
    メールや連絡先などを預けることが出来る有料のクラウドサービス。2011年に登場するiCloudの前身。

WWDC 2009

wwdc-07-14-history-2015-04

  • Mac OS X Snow Leopard(10.6)のデベロッパープレビュー版を配布開始
    2008年に発表されていたSnow Leopardを開発者向けにプレビュー版が配布開始。2009年8月28日に販売が開始される。
  • iPhone OS 3.0
    横向けキーボードに対応し、コピペ機能が搭載される。また、ボイスメモ、MMSアプリやSpotlight機能が追加された。
  • iPhone 3GS
    処理能力やカメラの機能強化、デジタルコンパスの搭載などの改良が行われた。また容量も、3Gの8GBと16GBから、16GBと32GBの2モデルへ変更。11日後の2009年6月19日に販売が開始される。
  • MacBook Pro・MacBook Airのアップデート
    見た目はアルミユニボディのまま、スペックが強化され、値下げが行われた。また、Pro '17とAir以外にはSDカードスロットも搭載される。13インチがMacBook Proに仲間入り。

WWDC 2010

wwdc-07-13-history-2014-02

  • iOS 4を発表
    従来のiPhone OSから、iOSへと名前を変える。マルチタスキングや、フォルダ機能、そのほか細かな部分が多数機能強化。
  • iPhone 4を発表
    発表前にバーに置き忘れられていたのが発見され、デザインがバレてしまった、あれ。iPhone 3GSからデザインが刷新される。従来の4倍のピクセル数を持つRetinaディスプレイや、Appleが開発したPoP「A4」が搭載。また、3軸ジャイロスコープやLEDフラッシュ、前面カメラも搭載された。
  • iMovie for iPhoneを発表
  • iBooks for iPhoneを発表
  • iAdを発表
  • FaceTimeを発表

WWDC 2011

wwdc-07-13-history-2014-03

  • Mac OS X Lion(10.7)の詳細を発表
  • iOS 5を発表
    通知機能が強化され、通知センター&通知バナーが搭載される。また、リマインダーやNewsstand、Twitterとの連携機能が追加。カメラアプリやゲームセンターの機能強化なども行われる。更に音声でのやりとりが可能な、Siriが搭載される。(iPhone 4S以降限定)
  • iMessageを発表
    SMS/MMSのメッセージアプリからiMessageが使用可能に。
  • iCloud
    写真、連絡先、メール、カレンダーなど、あらゆるデータを複数デバイスで同期したり預けることが出来るクラウドサービス。また、iOSのバックアップも可能。MobileMeの後継サービス。

WWDC 2012

wwdc-07-13-history-2014-04

  • OS X Mountain Lion(10.8)の詳細を発表
  • iOS 6を発表
    Apple独自の地図アプリや、Passbookアプリなどが追加。Facebookの統合も行われる。更にFaceTimeが携帯回線でも使用可能になった。
  • Apple独自の地図アプリを発表
    これまでのGoogleマップを廃止し、Apple独自のマップをiOS 6より搭載。
  • MacBook Pro Retinaを発表
    MacBook Proのスペックをベースに、薄く・軽くなり、更にRetinaディスプレイを搭載。当初は15インチのみ。
  • MacBook Pro、MacBook Airのアップデート
    Ivy Bridge搭載、GPU強化、USB 3.0対応などのスペックが強化される。また、MacBook Pro 17インチはアップデートされず、終了へ。

WWDC 2013

wwdc-07-13-history-2014-05

  • OS X Maveriks(10.9)を発表
  • iOS 7を発表
    フラットデザインが採用され、コントロールセンターやAirDropの追加、マルチタスクや通知センターの改善などが行われる。
  • iOS in the Carを発表
  • iTunes Radioを発表
  • 新型Mac Proを発表
    円筒形のデザインに変更され、Thunderbolt 2や4Kモニタのマルチ対応など大幅に強化
  • Macbook Airのアップデート
    Haswellを搭載した新型へアップデートを行い、即日発売。
  • iWork for iCloudを発表

WWDC 2014

wwdc-07-13-history-2014-06

  • OS X Yosemite(10.10)を発表、開発者向けにリリース
    Aqua以来の大幅なデザイン変更、フラットデザインやブラー効果が採用され、新たなタイポグラフィ、刷新されたSpotlightなどが特徴
  • iOS 8を発表
    通知からの即メッセージ返信、サード製キーボードに対応、QuickTypeを搭載、ファミリー共有機能、その他様々な部分が改善・強化
  • HealthKit、ヘルスアプリを発表
  • アプリ間の連携を強化するAPIを追加
  • Touch IDをサード製アプリからも利用可能に
  • その他iOS 8向けの開発環境を強化
    Cloud Kit、HomeKit、Metal、PhotoKitなど、API・フレームワークが強化
  • iCloud Driveを発表
  • プログラミング言語「Swift」を発表
    Objective-Cと比べてとっつきやすく、スクリプト言語の様な見た目、実行結果のリアルタイム可視化などが特徴

WWDC 2015

wwdc-07-15-history-2016-02

  • OS X El Capitan(10.11)を発表、開発者向けにリリース
  • iOS 9を発表
    メモ帳に手書き機能などを追加、Newsアプリを追加、iPad向けにSplit Viewなども搭載、その他様々な部分が改善・強化
  • Apple Payの機能を強化。Passbookアプリは「Wallet」に
  • Swift 2がオープンソースに
  • AppStoreのダウンロードが1000億本を達成
  • watchOS 2を発表
    ネイティブアプリ化、Siri機能強化など、その他様々な部分が改善・強化
  • Apple Musicを発表

WWDC 2016

wwdc-07-15-history-2016-03

  • OS X改め、macOSに名称が変更
    macOS Sierra(バージョンナンバー的には10.12となる)を発表、開発者向けにプレビュー版をリリース
  • iOS 10を発表、開発者向けにベータ版をリリース
    過去最大のアップデートとされ、ロック画面の強化を始め、Siriやマップのサード連携強化、電話機能の強化、Homeアプリの強化、ミュージックアプリなど各種デザインの変更、などが含まれる
  • Swiftを学べるアプリ「Swift Playgrounds」を発表
  • watchOS 3を発表、開発者向けにベータ版をリリース
    動作速度の改善、ドック機能やコントロールセンターなどの追加、フェイスなどの強化が含まれる
  • tvOSを発表、開発者向けにベータ版をリリース

WWDC 2017では何が…

wwdc-07-16-history-2017-02

とりあえず、毎年恒例である【iOS】、【macOS】、【watchOS】、【tvOS】辺りの、OS話は確定でしょうか。また、プレビュー版(ベータ版)のリリースも即日…といった雰囲気?
正式版は、いつも通り秋になりそうですかね…?

やはり気になるのはiOS 11についてですよね。
次期iPhoneが大きく進化する場合、たまに「あれ…この機能って…あれ…」と思うような発表も過去にはあったので、そういった部分も楽しみかなと!

ハード関連の発表は…

2013年でのMacBook Airアップデートを最後にハードウェアの発表はWWDCでは行われなくなっています。

が、今年は「WWDCでMacBookやiPadなどのハード関連のアップデートが発表されるのでは…」なんてもあったりなかったり…なので、もしかしたら久しぶりにWWDCでのハードウェア発表があるかもしれませんね。

〆〆

という感じで…今年は何が飛び出すやら…!?
個人的には「Siri搭載スピーカー」とやらが気になるお年頃なのですが、発表されるのかどうか…。
あとは、メインで使っているiPadがAirで止まっているので、そろそろ新しいのがほしいな…なんて思ったり…。

iOS関連では、それほど大きな噂も聞こえてこず、何がどう変わるのか…期待と不安が混ざり合って…もうもう…それはそれは…。

スポンサーリンク

コメント

  1. 名前:Nishiki 投稿日:2017/06/05(月) 23:12:45 返信

    そんなの、iOS11が出てすぐ、脱獄関連の嘘か本当かわからない情報がでてくるのですね。

  2. 名前:にーあ 投稿日:2017/06/05(月) 23:13:58 返信

    ios7が4年前…?
    早くね…?

    • 名前:匿名 投稿日:2017/06/05(月) 23:42:58 返信

      ほんまにな

  3. 名前:ピコ太郎X 投稿日:2017/06/05(月) 23:53:29 返信

    Apple storeがメンテ中ですな

  4. 名前:匿名 投稿日:2017/06/06(火) 00:03:26 返信

    3.0のコピペ機能が一番の衝撃だったなwwwww

  5. 名前:匿名 投稿日:2017/06/06(火) 03:00:48 返信

    iOS11来ちゃうのね

  6. 名前:ああああ 投稿日:2017/06/07(水) 03:36:50 返信

    Maveriksになってますよ
    正しくはMavericks

コメントを投稿